カテゴリ:その他

    1: 名無しさん 2014/06/21(土) 22:14:58.93 ID:WNPB5JRS0
    福岡の大学を卒業した森和子(仮名・当時22歳)は、新卒で東京のビルメンテナンス会社に入社した。4年前のことだ。

    社会人になった喜びをかみしめ、意気揚揚だった。しかし働き始めると気分は一転した。連日、終電間際まで帰ることができず、毎週のように休日出勤が続いた。体はフラフラで栄養ドリンクが手放せなかった。

    精神的に一番辛かったのは、上司からのパワハラだ。「笑顔があれば残業代は要らないだろ」「お前は人間以下だ」・・・こんな言葉を連日投げつけられた和子はストレスと過労で体調を崩し、わずか半年で退職した。

    その後は、家に引きこもりオンラインゲームで気をまぎらす毎日だった。就活しなければと分かっているのだが、行動に移せなかった。自己嫌悪に陥り悶々とする日々が続いた。

    それから4ヵ月後、和子は意を決してハローワークへ。窓口の相談員に事情を話すと、「これ以上空白期間が長くなると不利になりますよ」と急かされ不安になってしまった。早く応募しなくては。

    人材紹介会社「無給研修で一ヵ月越えたら正社員になれる」

    会社探しを始めたが、わずか半年で退職したのでスキルも何もない。「いったい何が自分にとって適職なのか」が分からない。応募しなければ始まらないのに、迷ってばかりの自分に嫌気がさしていた。
    インターネットで民間の人材紹介会社を見つけたのは、ちょうどその頃だった。

    「若者の正社員採用」が売り文句の人材紹介会社で、正社員の求人を紹介するという。ホームページには「正社員になりたい方へ」「第2新卒のあなたへ」などと希望を抱かせる言葉が躍る。

    和子は懐疑的だったが、ホームページの「貴方のお話をじっくり聞きます」を信じ、説明会に行った。出て来たのは女優の小西真奈美似の女性だった。

    キャッチフレーズ通りじっくり話を聞いてもらえたので信用し、求人を紹介してもらうことにした。

    紹介されたのはIT企業だった。ITの技術もないし大丈夫だろうか?(以下ソース)

    http://tanakaryusaku.jp/2014/06/0009522
    2014年6月21日 18:35
    no title

    【ブラック企業体験記~地獄の釜~「笑顔があれば残業代はいらない」】の続きを読む

    • カテゴリ:
       コメント:(1)
    1: 名無しさん 2014/06/18(水) 00:12:33.35 ID:GzaNSpNg0 BE:288881892-2BP(1000)
    R-GRAY1 ?@R_GRAY1
    自販機のお釣りで出てきた10円玉がこんなのだったんだけど、例のHP乗っ取りといい、なんなの一体・・・。
    no title

    https://twitter.com/R_GRAY1/status/477817500772470785/

    Xelvis ?@XelvisRR
    自販機のお釣りで十円に宣伝が....何だこれ
    no title

    https://twitter.com/XelvisRR/status/478046667715788800/


    【【悲報】唐澤貴洋弁護士を宣伝する10円玉が都内で流通】の続きを読む

    このページのトップヘ