カテゴリ:漫画家

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    82: 名無しさん 2014/06/18(水) 21:45:48.43 ID:4T9WDEdp0

    no title


    こういう系統の絵好きなんだな

    【レベルEに吉本芸人wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    326: 名無しさん 2014/06/18(水) 09:41:51.95 ID:5N3EkD0l0
    no title

    【【朗報】鳥山明先生がついにドラクエ漫画を執筆wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    78f4e937053e1b6bb60ac0ec4bd80a29


    4: 名無しさん 2014/06/16(月) 09:45:15.32 ID:xQXcOI330
    ワールドイズマインは糞だが寄生獣は普通に面白いだろ
    ってかあれ以上の漫画あるなら教えろ

    【岩明均の休載の理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    33: フェイスクラッシャー(東京都) 2014/06/14(土) 16:46:33.87 ID:QfpKCRoI0
    株上げたな菜摘
    no title

    【漫画家が描いた浜田雅功wwwwwwwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
       コメント:(0)
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 垂直落下式DDT(埼玉県) 2014/06/15(日) 17:59:20.67 ID:rAHCIxmn0
    松山せいじ コミカライズ『人生』連載中 @seijimatsuyama
    せっかくなんで証拠も上げとこ(笑)最近漫画家さんの貧乏自慢が多く夢が無いみたいな風潮なので、、、
    僕程度の一時期中堅だった漫画家でも仕事をいっぱいした年度はこういう数字をだせるんですよ。夢をもってください!漫画家に!

    no title





    「原稿料上げて」嘆願の声届かず... ほとんどマンガ家は単行本収入がないと赤字!?

    2012年にアニメ化もされた、小説家・貴志祐介の『新世界より』(講談社)のコミカライズを担当しているマンガ家の及川徹が、
    6月9日に自身のTwitterで「アシスタント代を減らし、高品質を諦めるが正解!」とツイートしたことが話題を呼んでいる。
    一連のツイートをまとめると、現在の『新世界より』レベルの仕上げにすると、
    印税を抜いてもページごとに5000~6000円の赤字になり、描けば描くほど赤字になってしまっているとのこと。
    そこで原稿料の値上げについて掲載誌の「別冊少年マガジン」(講談社)の編集長と話したが、変更の余地はないと言われ、担当編集に悲しみを訴えてもばっさり切り捨てられてしまったというのだ。

    実際、及川徹が赤字になっていると言っているように、マンガ家は原稿収入ではほとんど採算がとれない。
    オンラインコミック「電脳マヴォ」の編集長・竹熊健太郎らが指摘しているように、1980年代頃から、マンガ家は主に単行本の印税で収入を得ているといわれている。

    しかし、『ブラックジャックによろしく』の作者であるマンガ家の佐藤秀峰は以前Twitterで、
    2009年に単行本を発行した漫画家5300人の内トップ100人の印税収入は約7000万円だが、残りの5200人の平均額は約280万円ということを明かしている。
    また、「マンガ家が平均的なサラリーマンと同じ生活をするためには、毎年1冊以上、単行本を発行し、かつ、年間累計発行部数が12万部を超える必要があるそうです」ともコメントしており、
    マンガ家はその難しい条件をクリアしないと、儲かるかどうか以前に食っていけるかどうかという問題に直面してしまうことを伺わせた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8929545/

    【松山せいじ「漫画家の貧乏ネタは嘘。 漫画家ほど楽に稼げる仕事はないw」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2: TEKKAMAKI(東京都) 2014/06/11(水) 16:53:06.50 ID:K9Gf37Bv0
    no title

    【田中圭一とかいうパロ漫画家wwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ