2014年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    7c8b98758665587ac208695d9e2bca05_11206


    1: VIPがお送りします 2014/06/06(金) 13:15:34.19 ID:NZoIHxkuO
    アニメ版ではまる子とプサディは再会してる


    【ちびまる子ちゃんのトリビア言ってけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1304401


    1: 風吹けば名無し 2014/06/06(金) 13:21:02.57 ID:TYMt+EBl
    なぜ失敗したのか


    【タカヤ「む、胸が当たってる」 渚「当ててんのよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    82: 風吹けば名無し 2014/06/27(金) 14:33:26.26 ID:Vfmr375D
    no title

    【カイジ脱法ハーブ編wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2014/06/28(土) 23:17:05.41 ID:pY9nezF/0 BE:455830913-2BP(1000)
    no title


    【ハレ婚。とかいう漫画がま~ん(笑)臭がキツすぎると話題にwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    288: 名無しさん 2014/06/27(金) 01:04:22.32 ID:k+dyw2Hd0
    >>239
    1.まずガンダムってなんぞやってとこから勉強しよう。一応昔MK-II描いたことあるし楽勝。
    no title

    no title



    【∀ガンダム完成秘話wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2014/06/28(土) 22:03:43.36 ID:tMYEwLksO
    J-WAVE「BOOK BAR」×BOOKSTAND
    オタクの嫁にすすめられて、『まどマギ』にハマりました ―――アノヒトの読書遍歴:ラサール石井さん(前編)


    お笑いグループ・コント赤信号として一世を風靡し、その後もお笑い界ではもちろん、インテリ芸能人、俳優としても活躍するラサール石井さん。
    そんなラサール石井さんに、日ごろの読書生活についてお話を伺いました。

    ――ラサールさん、かなりの読書家とお聞きしました。

    「本は好きですね。本はいっぺんにバーンっと買うのが好きで、本屋さんに行ったら2時間くらいうろうろするのは当たり前。
    小説、経済書、地図に参考書なんかを見て回って、最終的には紙袋2袋くらいをドンっと買っちゃうんです。
    中でも手塚治虫全集は大人買いでしたねぇ! うちに430数冊、リビングに全部飾っています。手塚治虫さんは僕が神と仰ぐほど好きな漫画家さんなんです」

    ――漫画といいますと、ラサールさんといえばアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』では主人公の両津勘吉の声を担当されていましたよね。

    「そうですね。でも実は、僕あの役をやるまで『こち亀』は読んでなかったんですよ。『こち亀』っていえばジャンプでしょ。
    僕の世代はジャンプ世代ではなかったので。オーディションの時は台本ではなくコミック本を渡されて、両津のセリフを読まされました」

    ――最近の作品でお読みになるものはありますか?

    「僕は昭和の人間なんで、最近の作品だと絵がダメなのが多いんですよ。なので、近頃はそんなに読んでなかったんですけど、2年ちょっと前に若い嫁さんをもらって、その嫁さんがオタクなんですね(笑)
    嫁さんはコミック好きなので、すすめられて読んだら意外におもしろかった、っていう作品も結構ありました。『ホリミヤ』とか『ワンパンマン』とか。
    アニメだと『魔法少女まどか☆マギカ』ですね。これは死ぬほどおもしろかった。『これはみんな見なきゃだめだ!』と思って、そのことをツイートしたら1万回もリツイートされちゃって(笑)」

    ――その他に最近ハマっている作品はありますか?

    「最近だと、この『督促OL修行日記』。

    (以下ソース)
    http://bookstand.webdoku.jp/news/2014/06/28/100000.html

    【ラサール石井の巨乳若妻、まどマギオタだった】の続きを読む

    このページのトップヘ