gk3_0126


    114: VIPがお送りします 2014/07/08(火) 10:08:59.01 ID:sQPEUqR90
    フランス人「スーパーサイヤ人はナチスドイツを連想させる」



    パリ第七大学で日本研究を専門とするトリスタン・ブルネさんにうかがった。

    「80年代以降、日本という国からイメージされるものはアニメです。『聖闘士星矢』『北斗の拳』
    『ドラゴンボール』などがテレビで放映され、子供たちは夢中になりました。しかし経済的な
    日本バッシングの時期も重なり、日本のアニメもその影響を受けました」

    トリスタンさんによると、日本アニメに夢中な子供を持つ親は、どの文化で子供たちを育てる
    のかという問題に直面したそうだ。なぜなら日本アニメはフランス社会の道徳意識から離れて
    いるという。
    「暴力描写で特に問題となったのが『北斗の拳』です。そして日本では問題にならないことが、
    フランスでは問題になります。例えば、『キン肉マン』に登場するブロッケンJr.。彼はナチス
    ・ドイツを彷彿とさせる風貌なのに正義超人です。これは欧州では認められない。また
    『ドラゴンボール』にスーパーサイヤ人がいますが、青い目と金髪を特別視することも
    アーリア人至上主義を標榜したナチズムをイメージさせます」

    【白人様「ドラゴンボールはナチス礼賛マンガ」】の続きを読む

    dq8c


    238: 名無しさん 2014/07/08(火) 09:25:29.49 ID:k6FaLN5T0
    日野: 僕らは3Dゲームを作ったことがあるわけですが、
    重要だったのは『ドラクエ』を知ること、
        『ドラクエ』を研究することだったんです。
    シリーズで受け継がれてきたルールを1つずつ
        見つけ出して、『ドラクエ』を感じられるように作る…
    例えばウインドゥを閉じるときには、
        わざと処理を遅らせてるんですよ。
    それはファミコン時代の作品のテンポに合わせたから
        なんです。うちのスタッフからも
    「何でこれぐらい簡単なプログラムが作れないんですか?」
        って言われたんですけど、
    「それはわざとなんだよ」と説明して(笑)。

        『ドラクエ』らしさの集約ということは、
    3Dで凄い処理を施して作るという技術的なことよりも
        大変でしたね。

    堀井: スキルマスターシステムやテンションシステムという新システムは、
    全部戦闘に関係する
        ものですね。特に「スキル」は、
    キャラの成長がみんな一緒にならないようにということを
        考えて入れたんです。
    あとは装備品によってグラフィックが変わるところも見どころですね。
        その一方で、素手でボスを倒すのも面白そうだと
    思って入れた「格闘スキル」というのも
        あります。

    ずぎやま: 『VIII』の戦闘は本当に楽しいんですよ。
    ですから曲も、戦いというよりは遊んで
          楽しいというのをコンセプトにして作りました。
    イメージでいうとチャンバラごっこ(笑)
          戦闘を遊ぶ、戦闘を楽しむってことですね。
    楽しい音楽にしようというのは堀井さん
          とも意見が一致していて。
    特に序盤の戦闘は怖い雰囲気ではなく、「楽しい」に
          徹しようと。

    堀井: なにしろモンスターが動きまくりますからね。
    モンスターのアクションを活かすために
        戦闘時間を調整して、
    わざと長めにして色々な動きが見られるようにしたぐらいで。
        そのかわりエンカウント率を低くして、
    聖水やトヘロスの効果が長持ちするようにしてます。

    http://www.geocities.jp/bgrtype/gsl/words/dq8/dq8.html


    これマジかよ

    【日野晃博「ドラクエ8は手を抜いて作ったw」】の続きを読む

    7: 足4の字固め(東京都) 2014/07/08(火) 06:38:46.86 ID:tpAW6rfb0
    番長とかいうお山の大将イメージで売ってたら、本当に増長しだして手が付けられなくなったような気がする
    昔の試合終了間際に号泣してたキヨはもう帰ってこないのか

    4788ea8195bd60f581972bb2a59f8d46

    【俺達の清原和博はどこにいってしまったのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ